歯科医院

歯周病菌とアルツハイマー型認知症について

いで歯科医院

 先日の報道をみて驚い方も多かったのではないかと思います。その記事とは『九州大学などの研究チームは、歯周病菌である「ジンジバリス菌(P・g菌)」が体内に侵入し、認知症の原因となる異常なたんぱく質の一つであるアミロイドベータが脳に蓄積され、アルツハイマー型認知症(記憶障害)が起きる仕組みを解明した。歯周病と認知症の関連は近年注目を集めており、「口腔ケア」がアルツハイマー型認知症の予防になることを改めて示した。』というものです。
 感染症予防にもとても大切なお口の健康です。セルフケアである日頃の歯磨きをしっかりと行い、かかりつけ医で定期健診(プロフェッショナルケア)を欠かさず受けてください。明日の健康を維持するために皆さんのちょっとした努力が実を結びます。

お問い合わせは 047-340-3718 info@ide-shika.com

関連記事

  1. プロアスリートも認める施術
  2. お布団のお手入れ・買い替え

おすすめ記事

  1. 2020年11月20日(626号)
  2. ウキウキ松戸ウォーカー
  3. 石碑めぐり 201
  4. Coffee & Hot Dog Cafe Tom Diner
  5. 埼玉にある東京駅 レンガとネギの町・深谷

最新号

  1. 2020年11月20日(626号)
PAGE TOP