歯科医院

歯がしみる

いで歯科医院

 朝冷たい水を口に含むと歯がしみるようになった。むし歯になったのか心配。このようなことはありませんか?
 歯の中心部には細い管状の神経が通っています。神経に直接刺激が加わると痛みとして感じます。ところが硬い歯の表面に刺激を加えても痛い、しみるといった症状が出る場合があります。
 ここで歯の構造について説明します。歯の神経はエナメル質と象牙質と言う硬い組織によって守られています。エナメル質は歯の表面を覆っています。その内部に象牙質が歯の神経を包むように覆っています。象牙質は電子顕微鏡で観察すると細い管が沢山神経へ向かって通っています。この細い管を通して象牙質に加わる刺激が神経へ伝わり痛みが発現します。エナメル質は歯ぐきの境目まで歯の表面を覆っています。歯ぐきの下の部分は象牙質がむき出しになっています。歯ぐきが少しでも下がって象牙質がむき出しになるといろんな刺激を受けてしみたり痛みが出ます。この症状を知覚過敏といいます。この症状は穏やかに時間をかけて消失します。しかし歯を磨いたり、冷たい水を口に含む時に痛いなど生活に支障が出る場合はかかりつけ医を受診して知覚過敏の治療を受けることをお勧めいたします。

お問い合わせは 047-340-3718 info@ide-shika.com

関連記事

  1. お布団の買い替えお手入れQ&A
  2. 大切なお話 第3話 マンモグラフィーか超音波か
  3. プロアスリートも認める施術
  4. 新年はあたたかなお布団で Q&A
  5. 栄養と健康について!!
  6. あっ!そうだったんだ米知識

おすすめ記事

  1. 2021年12月3日(651号)
  2. ボードゲーム
  3. ENJOYサークル
  4. 石碑めぐり 226
  5. 焼き菓子 ピッククッカ

おすすめ記事

栄養と健康について!!

いで歯科医院 (さらに…)…

最新号

  1. 2021年12月3日(651号)
PAGE TOP