知っ得情報

金相場高騰中!金貨・銀貨も今が売りどき

買取専門店 Re:クローバー

 3月号のウキウキも多くの方に読んでいただき誠にありがとうございました。おかげさまで金相場についてのご理解をいただき、お持ち込みいただく方が増えております。先月は、アクセサリー類のお持ち込みが多かったのですが、それ以外には、特に金貨のお持ち込みが多かったです。
 したがって今月は現在の金相場における金貨の買取事情についてお話させていただきます。
 ウキウキでもお伝えしているように、金の価格は1998年に1グラム865円の最安値を記録して以来、その後は上昇に転じ、現在に至るまで高騰が続いています。さらに2019年以降はコロナショックを始め様々な不安要素から金への投資が増え、2024年4月には過去最高価格を記録いたしました。

 金の価格は、今では11000円台で推移する高水準となっています。金は「有事の金」と言われ、価値がゼロになるということはありませんので、資産運用としても重宝されます。通貨の価値が下がり経済や社会状況が不安定になると、投資家はリスクを嫌って金に投資するため金の取引価格が上昇します。

 現在の状況は?というと、依然として世界の政情が不安定なことから今後も金相場は高めの傾向にあることが考えられます。とは言え、例えば現金を一時的に確保する目的など、相場が下落する外的要因がいつでも起こりえます。したがって高値をキープしている今が、やはり金の売り時と言えます。

 金貨の価格は、金相場に大きく影響されます。金相場が上がるほど金貨の価値も高くなるため、金貨を売るときには金相場が上昇したタイミングが狙いめです。
 また、金の価格は純度によって変わるため、金貨も同様に純度が高いほど価値は高くなります。純金(24金)が使われている金貨であれば、相場価格と同様の価値で査定が可能です。また、金貨は種類によって重量が異なりますが、基本的に金貨の重量が重いほど査定額は高値になります。そのため、純度が同じ金が使われていても買取価格に差が出ることがあるので注意してください。

 金貨の持ち込みのほとんどは、日本の金貨ですが、この金貨は貨幣損傷等取締法(貨幣を損傷又は鋳潰すことを禁じた日本の法律)によって守られておりますので、アクセサリーやインゴットのように潰して溶かすことはできません。なので溶かせないからこそ日本の金貨にはプレミア価値が付きます!
 以上のように金貨のご説明をさせていただきましたが、今では銀貨もプレミア価格が付くものが増えております。額面の10倍以上になるものもございます。
 今後も皆様からのお持ち込み、ご相談をお待ちしております。
※成約となった場合、現金で買取りをいたします。お客様の身分証明証をご提示いただきますが、営業の電話などは一切致しません    (PR)

お問合せは 0120-776-773

関連記事

  1. 栄養と健康について!!
  2. あっ!そうだったんだ米知識
  3. プロアスリートも認める施術
  4. 創業70周年感謝セール開催!

おすすめ記事

  1. 2024年4月5日(707号)
  2. 松戸界隈の幕末動乱
  3. ENJOYサークル
  4. UKIUKIウォッチング
  5. 旧水戸街道を歩く! 小金宿~取手宿手前編

おすすめ記事

2024年4月5日(707号)

2024年4月5日(707号)【今号掲載の記事】■1面特集:松戸界隈の…

最新号

  1. 2024年4月5日(707号)
PAGE TOP