注目記事

ウキウキ松戸ウォーカー

野馬除け土手(野馬除緑地)

2021年5月28日号 第638号

 

土手下の歩道

松戸市を含む千葉県北部は大昔から馬の産地となっていました。かつては下総牧と呼ばれ、その時代の有力者の持ち物として、野馬がだだっ広い土地で放牧されていました。大昔の松戸は、田や畑などのほとんどない荒れ地だったのです。
 伝承では、平将門の乱において、下総牧で入手された野馬が活躍したとされています。当地で生まれ育った将門は、馬を自在に操り戦力として大いに活用したのです。
 江戸時代には、下総牧の一部が小金牧として管理されるようになり、野馬除け土手がそのために用いられました。土手の高さは二メートル前後で、場所によってはその手前に一メートルほどの溝が掘られました。近年の宅地開発などによってその多くは失われましたが、野馬除緑地ではその一部を目にすることができます。
 江戸時代に活躍した俳人・小林一茶は、松戸と縁が深かったこともあり、小金牧の野馬を読んだ句をいくつも残しています。
 小金牧産馬は、野馬であったことから、力強く丈夫であったようですが、残念ながら乗馬向きとは言えなかったようです。ただ、ときに優秀馬を産出してその名を残しています。(かつ)

歩道から見た土手

※主な参考資料/
「松戸史談」
「新編 旧水戸街道繁盛記」
※所在地/松戸市高柳新田

関連記事

  1. 石碑めぐり 217
  2. キッチン タケダ
  3. ウキウキ松戸ウォーカー
  4. 石碑めぐり 212
  5. ウキウキ松戸ウォーカー
  6. ベーカリーねもと
  7. 今日は何の日?
  8. CAFE MOGMOG

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. 2021年9月24日(646号)
  2. めざせ!松戸市の最果て 東西南北!
  3. ENJOYサークル
  4. 石碑めぐり 221
  5. ウキウキ松戸ウォーカー

おすすめ記事

2021年9月24日(646号)

【今号掲載の記事】■1面特集:めざせ!松戸市の最果て 東西南北!■EN…

最新号

  1. 2021年9月24日(646号)
PAGE TOP