注目記事

石碑めぐり 254

秋山夫人の旧墓所跡(旧秋山都摩墓跡)(松戸市平賀)

2024年1月12号 第701号

 小金は、一時期、武田信吉の所領でした。この信吉は武田氏の血縁ではなく、清和源氏の流れをくむ武田氏の断絶を惜しんだ徳川家康が、その名跡を継がせるべく、自身の五男に名乗らせました。武田氏の遺臣なども従として付かせています。
 秋山夫人は、この武田信吉の生母です。武田勝頼の姉婿であった穴山信君が、自身の養女分として徳川家康の側室に推した、家臣・秋山虎康の娘です。このとき十五歳であり、於都摩の方、あるいは穴山信君の居城名から下山殿と称されました。秋山夫人と呼ばれるようになるのは後のことです。
 武田信吉と、その母である秋山夫人は、所領である小金に一年と数カ月の間、居住していたようです。その後、信吉は佐倉へ国替えとなり、そこで十一年間を過ごしています。
 この佐倉への移封の直前に、秋山夫人は、二十四歳で病死しています。武田信吉の国替えとの関連性は定かではありませんが、それを境に、徳川氏の領国支配の重要な拠点から小金がはずれます。
 本土寺に向かう参道の左側に建てられている石碑(左上の写真)は、秋山夫人の最初の墓があった場所です。当時は石碑もなく、秋山夫人の法名から「日上の松」と呼ばれた一本の古松が生えていただけだったそうです。
 本土寺の本堂に向かって右側に入ると見られる「秋山夫人の墓」(右の写真)は、死後九十三年経ってから、武田信吉の甥にあたる水戸光圀が建立した墓石です。改葬にあたり「日上の松」の根本を掘りましたが、何も出なかったことから、その土を新桶に入れて手厚く供養し、新しい墓地に納めたと云われます。 (かつ)

※参考図書/「松戸市史」
◎所在地/松戸市平賀12-3

 

関連記事

  1. キッチン タケダ
  2. ENJOYサークル
  3. 石碑めぐり 193
  4. 石碑めぐり 227
  5. 石碑めぐり 232
  6. 石碑めぐり 235
  7. 今日のお花は何の花?
  8. ウキウキ編集室 体験取材

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. 2024年4月5日(707号)
  2. 松戸界隈の幕末動乱
  3. ENJOYサークル
  4. UKIUKIウォッチング
  5. 旧水戸街道を歩く! 小金宿~取手宿手前編

おすすめ記事

2024年4月5日(707号)

2024年4月5日(707号)【今号掲載の記事】■1面特集:松戸界隈の…

最新号

  1. 2024年4月5日(707号)
PAGE TOP