特集記事

鉄道の旅をより楽しく快適に… お得な鉄道切符編

2022年5月13日 第661号

これまで取材にて数々の鉄道の旅に出掛けましたが、そんな折に大変役に立ったのがJRをはじめ各鉄道会社の特徴ある『お得な切符』です。今回は、上手く使いこなせば旅が一段と楽しくなる記者が利用したお得な切符を一挙ご紹介します。

【銚子電鉄「弧廻手形/700円」】

記者の大好きな鉄道の1つで、近年再訪したいと思っていますが、なぜかタイミングがあわないのが銚子電鉄です。経営難で何かと話題ですよね…。銚子電鉄の旅をお得に楽しむのならば、おススメは「弧廻手形(1日乗車券)」!1日乗り放題はもちろんのこと、沿線各店舗・観光施設での優待や特典が受けられるのもお得な切符の利点で、車内にて車掌さんから購入ができます。記者が利用した時は、銚子電鉄の危機を救った名物「濡れ煎餅1枚無料券」が付いていました。

銚子電鉄/弧廻手形(平20)
銚子電鉄デハ801

【京浜急行電鉄「みさきまぐろきっぷ/品川駅3570円」

「よこすか満喫きっぷ/品川駅3430円」】

グルメ編でも紹介した京急「みさきまぐろきっぷ」。三浦半島の日帰り旅行を満喫するには、まさにうってつけ!その内容は、京急線往復+京急バスフリー+マグロ食事券+サービス券(記者は水中観光船に乗船)と、まさに至れり尽くせり!
 そして「よこすか満喫きっぷ」は、京急線往復+京急バスフリー+食事券+サービス券と、横須賀での観光をより快適に楽しくできるお得切符です♪

京浜急行電鉄/みさきまぐろきっぷ(平21)
京浜急行電鉄2100形 京急ブルースカイトレイン

【流鉄「1日フリー乗車券/500円」】

我が松戸市内を走る都心のローカル線、流鉄の「1日フリー乗車券」が発売された際、記者は大変喜びました。流鉄流山線の全駅紹介を一面で取り上げた時は、まだフリー乗車券はなかったのです。発売を待っていたのは記者を含めた鉄道マニアだけかもしれませんが、そんな方たちが使ってくれるだけでも流鉄並びに地域の活性化に繋がりますよね!流鉄は永遠に残したい地元のローカル線です。

流鉄/1日フリー乗車券(令3)
流鉄5000形

【わたらせ渓谷鐵道「お得な1日フリーきっぷ/1880円」】

地方私鉄路線の運賃は安いとは言えず、むしろ高いです。例えばわたらせ渓谷鐵道の場合、桐生~間藤間は片道大人1130円、往復でその倍、途中下車を楽しめばもっとお金が掛かります。そこで大人1880円「お得な1日フリーきっぷ」を買えば既に全線往復料金よりお得で、記者は浮かせたお金をトロッコ列車に乗るための整理券購入の足しにしました。さらに沿線施設で使える割引特典付きでなので、絶対に買いです!

わたらせ渓谷鐵道/お得な1日フリーきっぷ(平25)
わたらせ渓谷鐵道わ89-310形気動車

【JR「おでかけパス/2720円」】

記者が公私において鉄道で旅をする際、一番お世話になったお得切符はJR線「おでかけパス」です。この切符の利用範囲内で「面白い旅ができないだろうか?」と旅の企画を幾度も考え出しました。どうしても範囲を越える時は、切符を継ぎ足しての利用も可能です。今後もお世話になること間違いなしのお得切符なので、いつまでも発売していてほしいと願います。

JR/おでかけパス(平26)
JR久留里線キハ130系

【秩父鉄道「秩父路遊々フリー切符/大人1600円」】

鉄道の利用だと秩父へは池袋から西武線の利用が多いですが、秩父・長瀞の取材時は、JR高崎線熊谷駅から秩父鉄道でアクセスしました。その際利用したのが「秩父路遊々フリー切符」です。土日祝、SL運転及び指定期間日は全線フリー、沿線約50ヶ所店舗や施設で割引・特典が受けられる秩父鉄道最強のお得切符です!

秩父鉄道/秩父路遊々フリー切符
秩父鉄道5000系

【岳南電車「全線1日フリー乗車券/大人720円」】

全駅から富士山が見える岳南電車。ぜひ「全線1日フリー乗車券」を利用して雄大なる姿を様々な角度からご堪能ください!また岳南電車は工業地帯を走るので、幻想的な工場夜景を楽しむ「夜景電車」といった面白いイベント電車も走らせていますよ。尚このフリー乗車券、懐かしい硬券仕様!使い終わった後も、お宝グッズとして楽しめます(笑)。

懐かしい硬券きっぷ!
岳南電車/全線1日フリー乗車券(平30)
岳南電車8000形

【ひたちなか海浜鉄道「湊線1日フリー切符/大人1000円」】

終着駅「阿字ヶ浦」駅の哀愁感や、味のあるレトロな駅舎の那珂湊駅、記者の大好きな鉄道路線です。そして東日本大震災を挟んで2度一面に取り上げたのはここだけ!鉄道としての魅力はもちろんのこと沿線には新鮮な魚介類が食べられる那珂湊漁港や、お花の名所国営ひたちなか海浜公園といった観光地も多くあります。
全駅を巡るには「湊線1日フリー切符」が絶対便利で、令和5年1月9日まで割引600円とさらにお得になっているようです。

ひたちなか海浜鉄道/湊線1日フリー切符(平21・30)
ひたちなか海浜鉄道キハ20形

【真岡鐡道「常総線・真岡鐡道線共通1日自由きっぷ/2300円」】

秩父鉄道と同様にSLが走る真岡鐡道の取材で利用したのが「常総線・真岡鐡道線共通1日自由きっぷ」。常総線と真岡鐡道(下館~益子)を土・日・年末年始にて乗り放題が適用されるお得切符で、取手駅にて購入しました。実はこの時、記者の大失態があり、当初はさらに安くて便利な土日利用のJR「ときわ路パス」を取手駅で購入しようとしたのですが発売期間を間違えて買えず仕舞い…。取材を投げるわけにもいかず、どうにか見つけたのがこのお得切符でした。年を追うごとに勘違いや物忘れが多いこの頃、以後気を付けます…。

真岡鐡道/常総線・真岡鐡道線共通1日自由きっぷ(令元)
真岡鐡道C11形蒸気機関車

【関東鉄道竜ヶ崎線「竜鉄コロッケ☆フリーきっぷ/600円」】

関東鉄道竜ヶ崎線/
竜鉄コロッケ☆
フリーきっぷ(令3)

学生時代、お世話になった竜鉄は、たった3駅のローカル線です。青春時代を過ごした龍ヶ崎の街が、江戸期は伊達領だったことを知り、近年オリジナルなコロッケで盛り上がっていることにも興味を持ち一面に取り上げました。JR常磐線「佐貫」駅が「龍ヶ崎市」駅と改名したのになぜか竜鉄は佐貫駅のまま…。 そんな駅で「竜鉄コロッケ☆フリーきっぷ」を購入。目的の1つである竜ヶ崎コロッケ200円分の割引券付きです。そして記者が市内で食べた竜ヶ崎コロッケは、生涯において最も巨大でした(笑)!

関東鉄道竜ヶ崎線キハ532形

 その他にもまだまだ紹介したいお得な切符はありますが、今回はここまで!皆さんもぜひ各鉄道会社の特徴あるお得な切符をフル活用して、鉄道旅を存分に楽しんでくださいね!   (パイン)

関連記事

  1. 三つの熊野神社からうかがい知る、松戸と噴火のかかわり
  2. 水戸藩最後の藩主、徳川昭武が晩年を過ごした戸定邸
  3. 柏の葉parkrun ~パークラン~
  4. 松戸市内の古道を歩こう!印西道編
  5. 探訪!流山市内全9駅!! プラス松戸市4駅!
  6. お手頃?休日の旅 東金線完全乗車&廃線紀行!
  7. 旅の思い出を整理しよう!グルメ編
  8. 健康寿命と住環境

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. 2022年5月13日(661号)
  2. 鉄道の旅をより楽しく快適に… お得な鉄道切符編
  3. UKIUKIウォッチング
  4. 石碑めぐり 236
  5. 旅の思い出を整理しよう!グルメ編

おすすめ記事

2022年5月13日(661号)

2022年5月13日(661号)【今号掲載の記事】■1面特集:鉄道の旅…

最新号

  1. 2022年5月13日(661号)
PAGE TOP