注目記事

石碑めぐり 249

松戸側と柴又側の「矢切の渡し歌碑」

2023年7月7号 第689号

 矢切周辺には石碑がたくさんありますが、ちょっと見逃してしまいがちで、意外と知られていないのが名曲「矢切の渡し」が刻まれたこの石碑です。(写真上)
 当然のことながら、川向うの柴又にも歌詞がすべて刻まれた歌碑が、まさにひっそりと建てられています。(写真下)
 「♪つれて逃げてよ ついておいでよ」の歌い出しで知られる演歌『矢切の渡し』。最初は、昭和51年に、ちあきなおみさんによって歌われました。その後、昭和58年、細川たかしさんの歌った「矢切の渡し」が第25回日本レコード大賞受賞、紅白歌合戦のトリで歌うという大ヒットとなりました。さらに、映画『男はつらいよ』の柴又、その両岸を繋ぐというわけで、両岸の松戸側と柴又側に「矢切の渡し」歌碑が建立されているのです。

 

 昭和44年に、フーテンの寅次郎が柴又を舞台に各地を訪れる映画『男はつらいよ』の第一作が上映され、平成7年の48作まで続いていたこともあり、最盛期には年間20万人以上の観光客が乗船する時もありました。歌詞の3番の「♪どこへいくのよ…、知らぬ土地だよ、揺れながら櫓がむせぶ、矢切の渡し…」は、なぜか、フーテンの寅さんの姿と重なってしまいます。 (タケ)

関連記事

  1. ENJOYサークル
  2. 石碑めぐり 209
  3. ウキウキ松戸ウォーカー
  4. UKIUKIウォッチング
  5. 今日のお花は何の花?
  6. 石碑めぐり 248
  7. UKIUKIウォッチング
  8. 石碑めぐり 234

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. 2024年4月19日(708号)
  2. 東京の急坂を歩く
  3. 神社・仏閣めぐり 26
  4. ウキウキ松戸ウォーカー
  5. ENJOYサークル

おすすめ記事

2024年4月19日(708号)

2024年4月19日(708号)【今号掲載の記事】■1面特集:東京の急…

最新号

  1. 2024年4月19日(708号)
PAGE TOP