注目記事

気になる話題を紹介

春夏連続の甲子園!専修大松戸が初戦突破

2021年9月3日 第645号

延長13回、約4時間の死闘となった千葉大会決勝を制し、専修大学松戸高等学校野球部は、第103回全国高校野球選手権大会出場権を掴み取りました。春のセンバツに続き、甲子園出場は3度目です。
 センバツは初戦惜敗でしたが、その経験と悔しさを糧にしてこの夏再び甲子園の地へ!。
 開会式は8月9日。堂々とした選手の姿がありました。当初の初戦は12日の予定でしたが、荒天に翻弄されて順延に次ぐ順延。16日の第2試合に別府大付属明豊高等学校との試合が行われました。相手はセンバツ準優勝校です。
 1回裏の攻撃、チームのムードメーカーでもある1番の吉岡道泰くんは、雄叫びをあげ初球からバットを振りました。レフトフライでしたが、次ぐ2番の苅部力翔くんも初球打ちをし、ボールは右中間に行き3ベースヒットへ。3番キャプテンの石井詠己くんの打席でワイルドピッチにより先制。4番の奥田和尉くんがライト前ヒットを打ち、その後盗塁を試みた間に3塁にいた石井くんがホームへ帰り2点目。「ランナーを出したら取り残さないように」という持丸修一監督の指示のもと、4回から1点を積み重ねていきます。守備面でもピッチャーの深沢鳳介くんは11奪三振を奪い安定感のあるピッチングでした。そして6対0の完封勝利。初めて甲子園に校歌が流れました。
 2回戦の長崎商業高等学校との対戦では、1回裏に2点取られ3回表に追いつきましたが、2対6で惜敗。登板した岡本陸くんは、千葉大会を勝ち抜いたWエースの一人でした。
 順延とコロナ禍で、練習以外はホテルの部屋生活の選手にとって、メンタルの調整も難しかった事でしょう。応援も2回戦から部員と保護者、教職員のみとなるなど異例尽くめの今夏。それでも選手は甲子園に足跡を残してくれました。(みじゅ)

関連記事

  1. PASTA&CAFFE PINO
  2. ENJOYサークル
  3. UKIUKIウォッチング
  4. 石碑めぐり 220
  5. 気になるスポット紹介
  6. 台湾カステラとお茶専門店CasTealla(カスティーラ)
  7. ENJOYサークル
  8. UKIUKIウォッチング

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. 2021年9月24日(646号)
  2. めざせ!松戸市の最果て 東西南北!
  3. ENJOYサークル
  4. 石碑めぐり 221
  5. ウキウキ松戸ウォーカー

おすすめ記事

2021年9月24日(646号)

【今号掲載の記事】■1面特集:めざせ!松戸市の最果て 東西南北!■EN…

最新号

  1. 2021年9月24日(646号)
PAGE TOP