注目記事

UKIUKIウォッチング

小金 八坂神社 力持力士・石の平蔵の力石

2020年12月4日号 第627号

 江戸時代から昭和にかけ、娯楽や神事として、力比べが盛んに行われていました。その力比べに使われていたのが「力石」です。写真のように、あえて持ちにくい自然石が用意されることが多く、力自慢は純粋に力のみでこれを持ち上げることにより、力を競い合いました。このような催しは全国各地で広く行われており、そこで活躍した猛者は、力持力士として称賛されました。
 八丁堀(現・東京都中央区)の亀嶋平蔵は、「石の平蔵」と呼ばれるほど有名な力持力士でした。小金 八坂神社に残されている力石の一つ(写真中央)は、この平蔵が奉納したものです。今でも力石に刻み込まれている「八丁堀」などの文字がかろうじて読み取れます。かつては「八丁堀 平蔵」の切り付けの他に、「六十四〆目」などの文字も読めたようです。一貫目は三・七五キロですから、平蔵の持ち上げた力石は、実に二四〇キロもあったわけです。
 力持力士として高名な平蔵の残した力石は、わかっているもので、古くは高砂天祖神社(東京都葛飾区)に、新しいもので牛嶋神社(東京都墨田区)に、合わせると三〇個近くあるようです。力石は保存状態の良くないものも多いようなので、実際にはもっとあったのではないでしょうか。(かつ)

※主な参考資料/「松戸史談」
◎所在地/松戸市小金町字西444-57

関連記事

  1. 石碑めぐり 219
  2. ウキウキ松戸ウォーカー
  3. UKIUKIウォッチング
  4. ENJOYサークル
  5. UKIUKIウォッチング
  6. ENJOYサークル
  7. 石碑めぐり 212
  8. ENJOYサークル

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. 2021年9月24日(646号)
  2. めざせ!松戸市の最果て 東西南北!
  3. ENJOYサークル
  4. 石碑めぐり 221
  5. ウキウキ松戸ウォーカー

おすすめ記事

2021年9月24日(646号)

【今号掲載の記事】■1面特集:めざせ!松戸市の最果て 東西南北!■EN…

最新号

  1. 2021年9月24日(646号)
PAGE TOP